「一緒に~はいかがですか?」とスタッフに言わせる極意.2

「一緒に~はいかがですか?」の一言で売上UPを図る際の
極意についてお知らせしています。

「一緒に恵方巻はいかがですか?」~この一言があなたを救う~

「一緒に~はいかがですか?」とスタッフに言わせる極意.1

あなたのスタッフがあなたの言う事を聞いて、
「一緒に~はいかがですか?」と精算時に付け加えてくれた場合、
結果がどうであれ、
そのことをそのスタッフと共有しましょう。

例えば、
「一緒に~はいかがですか?」
とスタッフが言ったにもかかわらず、
お客さんは買わなかった場合、

「ん~、残念。でもよく言えたね。」という感じに褒める。
人は褒められると誰でも嬉しいものです。

スタッフはこのように言われると、
言ったけど売れなかったという事よりも、
褒められたことの方が印象に残り、
いい気分でいられます。

逆に「一緒に~はいかがですか?」
とスタッフが言ったおかげで売れた場合は、

「おお~、売れたねぇ~。
Aさんのおかげで、・・・円余分に売れた!
ありがとう!助かるわ~」

と言ってあげてください。

すると、いい笑顔、いい気分で仕事をしてくれますよ。

人は「ありがとう」と言われると嬉しいですよね。

「ありがとう」の反対語は「当たり前」。

いくら仕事とは言え、
「それくらい当たり前だろ!」と思われているのと、
「ありがとう」といってもらえるのと、
あなたはどちらが気分よくいられますか?

職場環境、雰囲気は売上に直結します。

つまり、
気分よく仕事をできる楽しい職場は、
売上高もいいという事です。

もちろん、それだけではないですけど、
とっても基本的な事です。

どれだけ売上のための仕組み・仕掛けが完璧であっても、
そこにいるスタッフがトゲトゲした気持ちで仕事をしていたら、
お客さんは減りますよね。

店長がスタッフを怒鳴り散らしているお店に
次も行こうとはあまり思わないですよね。

人は明るい所、楽し気な所、人が集まるところに
集まるものです。



a:199 t:2 y:3

コメント


認証コード1982

コメントは管理者の承認後に表示されます。